パソコンpc価格比較ー激安Picot通販パソコン解説PC Guide > ストレージ:外部記憶装置

コンピュータ内や外部取り付けでデータやプログラムを長期的に記憶する装置。ハードディスクやDVD、フロッピーディスク、MO、CD-R、フラッシュメモリ、磁気テープなどの種類がある。




磁気的に記録を行なうものは、記憶容量が大きく、電源を切っても記録が消えないという特徴があるものの動作は遅く、CPU(中央処理装置)からは内容を直接読み書きすることができない。

一方半導体素子を利用したフラッシュメモリはデータの消去・書き込みを高速で自由に行なうことができ、電源を切っても内容が消えない特長があるため、近年急速に普及している。

コンピュータ内にはこれとは別に、半導体素子を利用して電気的に記録を行なうメインメモリ(主記憶装置)がついており、プログラムでデータ処理を行なう際には必要なものだけメインメモリから呼び出して使用できる仕組みになっている。

人間の頭脳にたとえると、長期に記憶すべき重要情報と、日常の目の前の出来事のように瞬時に記憶しても必要が無くなったらすぐ忘れるという情報では、別な脳の部分を使用して記憶しているのと同じである。