激安 Picot通販.com > パソコンの選び方
【パソコンの選び方; 用途から選ぶ性能(スペック)とは?最新情報】
 平成19年11月17日更新                                

    パソコンを購入しようとすると、あまりのモデル数の多さにどれを選ぶべきなのか、
   なかなかの悩みどころですね。
    しかし、それだけ細かく選べる時代になったということは、贅沢な悩みなのでしょう。
    一般に、最新パソコンの選び方はどう考えるべきなのか当サイトの見識を解説します。
   これらが皆様に少しでもお役に立てれば幸いです。

■パソコンってどのように製造されるの?
  かんたんに解説すると、マザーボードというパソコンの土台に、様々なスペックの
  部品を、各専門メーカーから取り寄せて組み立てられています。
  もちろん、その中には自社開発部品を多く採用するメーカーも有ります。が
  重要パーツはほとんどが専門メーカー製なのです。
  又は、ほとんどが取り寄せ可能なのです。

■有名メーカー製と無名メーカー製の差はどのくらい?
  以上のことから、その信頼性についてはあまり大差はないと言えるでしょう。
  購入後のサポート体制も重要ですが、この辺に違いがある事がありますので
  よく、検討すべき問題なのです。

■一般的な用途だけに使用する方、又は初心者用にはどんなパソコン?
  使用用途としてインターネット、メール、ワープロ、表計算、趣味のデジカメを少々、
  仕事用ソフト等を主体に利用される方の場合、又は初心者用としては、
  現在販売中のモデルは、最もローエンドのモデルでも十分すぎて使いきれないほどの
  ハイスペックを持っています。
  従って、あとは使用形態、ディスプレーサイズ、デザイン、予算との兼ね合いだけで
  選んだとしても大きな問題はないでしょう。

■最新タイプのローエンドクラスのスペックとはどの程度?(有名メーカー数社の分析例)
   CPU;  Intel Celeron M  
        Intel Core Solo  
        AND Sempron   

     これらのCPUは数年前までは高スペック用として採用されていたものですから、
     一般用途では十分過ぎるほどです。

   HDD; 80GB以上      ここ数年大容量化が進み、これほどの大容量は
                   使い切れない方が大多数でしょう。

   メインメモリ; 1024MB    512MBでも十分なくらいですから全く問題なく
                   快適に動作する十分なスペックです。

■もっと高度な動画編集や写真加工、大量データの高速処理、本格的なホームページ制作、
  3Dグラフィック等が目的の方は、次回更新までお待ちください。

※アプリケーションの購入考※
 アプリケーションは別途購入するよりも、アプリケーションがプレインストールされているパソコンを
 購入したほうがかなり割安になりますよ。よく調べてからの購入をお勧めします。


※免責事項※
   これらの解説は十分に時間をかけて正確を第一に考えて作成しております。
   しかし、ご利用はご利用者の自己責任において判断し、利用されることを条件に
   ご利用ください。当サイトではこの内容について責任は負わないものとします。
 
最近の特集記事